出会いアプリでアマギフ券詐欺発生!詐欺被害にあわないための心得

またアマギフ詐欺が起こってしまいましたね。

今回の事件は毛色が少し変わっていることもあり新聞(読売2017年11月19日朝刊)にも載っちゃってます。

当ブログではスカイプ掲示板や出会いアプリなどでアマゾンギフト(アマギフ)やiTunesカードを要求する書き込みは全て詐欺だとことある毎に繰り返し注意喚起をしてきましたが、まだこのような詐欺師、詐欺に引っかかる人がいることが残念でなりません。

これ以上被害者が増えないようにどの出会いアプリを使ったら詐欺にあわずに済むのか、出会い系でどのように振る舞えば詐欺にあいにくくなるのか改めて解説しておこうと思います。

複雑な事件ではありませんが突っ込みどころが満載なのでまずは事件の概略からご紹介します。

加害者が高校生、ただし男子生徒

今回の詐欺事件のポイントを箇条書きにすると

  1. 名古屋市内の私立高校の男子生徒(2年生)34人がスマートフォンの出会いアプリで女子高生を装い書き込み
  2. 書き込みの際にプロフィールにネット上で拾った無関係な女性の写真を流用して登録
  3. 接触を取ってきた男性複数人に対し「会いたかったらアマギフ(千円~五千円相当)送って」と電子マネーを要求
  4. 実際に電子マネーを入手した生徒もいる
  5. 一部の生徒は無期限停学処分

こんなところです。

最大のポイントは加害者が高校2年生の男子生徒、つまり未成年者が詐欺を行っていたことです。

そして、女子高校生に会いたいがばっかりに実際に電子マネーを送ってしまった男性がいたことも見逃せません。

どの出会いアプリで詐欺事件が起こったのか

残念ながら詐欺の舞台となった出会いアプリは調べてみてもわかりませんでしたが、一つだけわかることがあります。

それは年齢確認が必要ない出会いアプリだったということです。

加害者が高校生だったということから年齢確認が必要ない出会いアプリだというのだけは確実です。

当ブログでは年齢確認を必要としない出会いアプリは危険だと度々書いていますが、それをご理解いただいている方なら今回の詐欺被害にはあわなかったはずです。

年齢確認をしている出会いアプリはwebでも18禁の出会い系サイトを運営している企業がリリースしていることが多く、年齢確認の他に電話番号認証も必要としています。

出会い系サイトの年齢確認は出会い系サイト規制法に基づいてクレジットカード(クレカは18歳未満は契約できない)でのポイント購入か身分証画像の送付により行われています。

電話番号認証はSMSで携帯電話に送付されてきたコードをサイトで入力したり、コールセンターに電話をかけて音声を聞くことで行われます。

年齢確認だけでも詐欺師やデリヘル業者の流入をある程度防げますが、一つの登録に一つの電話番号を必要とすることでさらに詐欺師やデリヘル業者の流入を防いでいるわけです。

詐欺にあいたくなければ会員登録に年齢確認を必要とする出会いアプリを選ぶだけで安全性が格段に高まるのです。

例えば当ブログの出会いアプリランキングで紹介しているアプリは全て年齢確認必須のアプリばかりです。

強制退会処分を受けた電話番号では再度登録できなくなりますが、初犯の場合はどうにもならないので完全に排除できるわけではありません。注意深く行動するに越したことはありません。

そもそも18歳未満の児童や生徒と出会おうとしてはいけない

今回の被害者の同情できない点は出会いアプリで女子高生と出会おうとしていたことです。

このような人達は未成年者と出会いたくて出会いアプリを使うわけですから、先程書いた年齢確認を必要とする出会いアプリなんかそもそも使わないのでしょう。

言うまでもありませんが18未満の児童生徒との淫行は犯罪です。これは知らない人もいらっしゃるかもしれませんが、例えSEXやSEXに類する行為に至らなくても未成年者に金品を渡し何かをさせたりすればこれも犯罪になることがあります。

そしてこの犯罪になるというのが詐欺師の付け入る隙になっています。

今回の事件で言えば「電子マネーをだまし取っても、未成年者と出会おうとしていたわけだからこいつは警察に通報できず被害者は泣き寝入りをするだろう」という算段で詐欺を行ったと思われます。

光博
光博

出会いアプリもそうですがスカイプ掲示板、twitter、SNS、ソーシャルゲームサイトなどで18歳未満の人と出会うのは絶対にやめましょう!

いないとは思いますが「アマギフ欲しぃ…」なんていう女の子の書き込みを見て「この子はアマゾンで何か欲しいものがあるんだなぁ」なんて考える人がいたら頭の中がお花畑だと言われても仕方ありませんよ。

アマゾンギフトカード(コード)を買い取ってくれる業者がネット上に存在するのでアマギフは現金化できるのです。

そのような書き込みは女性ではなく現金化目的の詐欺師が書き込んでいるというのをお忘れ無く! 加害者の高校生もやっていたようにプロフィールの写真なんてネットから可愛い女の子の写真を拾ってきて流用しているのです。

アマギフ、iTunesカード、LINEプリペイドカードなど電子マネーを要求されても一切応じてはいけません。電子マネーの話が出たら全て詐欺師だと思ってください。

コードを送った途端に音信不通になること確実です

出会いアプリで詐欺被害にあわないようにするには【まとめ】

  • 法律に従って年齢認証を実施している出会いアプリを選ぶ
  • 電話番号認証を行っている出会いアプリを選ぶ
  • 18歳未満の児童生徒とは出会おうとしない
  • 電子マネーの要求はすべて跳ね除ける

これだけやれば全ての詐欺被害にあわずに済むわけではありませんが、たったこれだけのことでかなり安全性は高まりますし少なくともアマギフ詐欺の被害にあうことはなくなります。

年齢認証を実施している安全な出会いアプリはこちら
 アダルト出会いアプリランキング