PR

出会い系やマッチングアプリで国際ロマンス詐欺被害が増加中!

国際ロマンス詐欺と言えばSNSや海外発祥のマッチングアプリ(●inderなどですね)での被害が多かったんですが、2023年夏ころから当ブログで紹介しているような出会い系サイトやマッチングアプリでも被害が急速拡大していると情報を得ました。今さらという感じもしますが日本の出会い系やマッチングアプリしか利用したことがない人には目新しい詐欺でもあるので改めて国際ロマンス詐欺の注意喚起しておきます。

国際ロマンス詐欺とは

まずは国際ロマンス詐欺の概要から解説します。

ロマンス詐欺の手口

ロマンス詐欺はX(旧Twitter)やFacebookなどのSNSやマッチングアプリ等のネットサービスを利用した詐欺です。

最初は一般の利用者を装いダイレクトメッセージやメールで接触をはかってきます。返答をしてしまうと趣味などの他愛のない会話から徐々に恋愛関係を作ろうとしてきます。このように恋愛感情を利用することからロマンス詐欺と呼ばれます。

詐欺師は時間をかけて信頼関係を築き被害者との関係を強化して警戒心を次第に解いていきます。警戒心が解けた頃を見計らって、入院したとか身内に不幸があったとか経済的に困った状況を演出し被害者を信じ込ませまずは少ない金額をねだってきます。

それが上手くいくと次第に額を増やしていき搾り取れるだけ搾り取って被害者が対応できなくなるまでこれが続きます。

以上がロマンス詐欺の概要です。

送金させる口実

ロマンス詐欺は様々な口実をで送金させようとしてきます。

初期の頃は

  • 会いに行くための交通費が足らない
  • 入院して医療費がかかる
  • 病気で仕事を休んでしまい生活費が足らない
  • 家族に不幸があり思わぬ出費がかさんだ

などを理由に比較的少ない金額を要求してきます。

そして次第に額を大きくしていき

  • 投資
  • 結婚資金を一緒に貯める
  • 一緒に住むための新居の購入

などを口実にして多額のお金を要求してきます。

注意しなくてはいけないのは少額の段階をすっ飛ばしていきなり高額な要求をしてくることもあることです。これは投資詐欺のパターンで多いです。

なぜ国際なのか

詐欺の手口を見ても国際と付ける要素はないように思うかもしれませんが、ロマンス詐欺師は被害者が住んでいる以外の国の人であることが多々あります。このためニュースなどでも国際ロマンス詐欺と言う名称が使われています。

日本から見ると送金先が海外であることが多いことから実際に詐欺師が外国人であることはほぼ間違いないようです。しかし、フィリピンあたりに潜伏している振り込め詐欺集団などが今後ロマンス詐欺を真似しないとも限らないので外国人だから危険、日本人なら安全とはなりません。今後国際とつかないロマンス詐欺も増えてくることも予想されます。

ちなみに詐欺師と被害者のメッセージのやり取りは

  • 簡単な英語
  • 片言の日本語
  • 機械翻訳を利用

で行われているようです。

最近ではAIを利用すれば簡単に自然な日本語を作れたりその逆もあるので自然な日本語だからといって安心できません。さらに手の込んだ詐欺になると生成AIを利用してリアルタイムのビデオ通話までこなすなんて情報もあります。

出会い系でロマンス詐欺の被害に遭わないようにするには

SNSでもマッチングアプリでも出会い系でもロマンス詐欺被害に遭わないようにする方法は同じですが、ここではあえて出会い系を中心に話を進めていきます。

外国人には要注意

なんだか差別っぽい表題になってしまいましたが…、今のところ国際ロマンス詐欺を仕掛けてくるのは外国人が多いというのは頭に入れておきましょう。

出会い系は近いうちに会える人を探すサービスです。それなのに日本の出会い系を海外在住の人が利用しているのはかなり珍しいですよね。珍しいと思うだけでなく会うが難しいような距離に住んでいる人が積極的にアプローチしてきたら怪しいと警戒するべきです。

「警戒すべきって言ってもこんなのに騙されるか?」とお考えになる方でも、

外国人とメールでやり取りを続けて仲良くなってきた頃に

  • 今度日本に行くからその時に~
  • 日本に行ったら泊めて欲しい

なんて言われたらならそれほど不自然に感じないのではないでしょうか。これを端緒にVIZAや航空券の代金を詐欺ってくるなんてことも十分ありえますよ。

また詐欺師は他の国の人であることを隠しませんし外国人であるということを利用してきます。

これには注意が必要です。

日本人が言ったら不信感を抱くことでも外国人が言うとそういうこともあるかなと思ってしまうなんてこと多いですよね。例えば、知り合ったばかりなのに熱烈なラブコールを送ってきたり、いきなりプライベートなことを聞いてきたりしてきても、日本人なら「いきなり失礼な人だな」と感じるかもしれませんが外国人だと「外国の人は積極的だなぁ」となってしまいませんか。

外国人と言うだけで疑うのも嫌かもしれませんが詐欺に遭うよりマシですよね。まずは疑っていきましょう!

疑うなんて控えめな事を言いましたが、そもそも海外在住者が日本の出会い系やマッチングアプリを使って声をかけてくること自体怪しいので僕は無視して相手をしないのが最善だと思います。

送金は絶対にしない

どんなに親しくなっても送金しなければ経済的被害を被ることはありません。

当たり前のことをいっているようですがロマンス詐欺師は時間をかけて信頼関係を構築してきます。しかも金銭の要求時には緊急で困っていることをアピールしてきます。信頼している人に困っているから助けて欲しいと言われてそれを無碍にできる人はそうはいませんよね。詐欺師はそこにつけこんできます。

送金してしまいそうになったら送金する前に誰かに相談するかそのお金は本当に自分が払う必要があるのかじっくりと考えるようにしてください。

投資話しには特に注意

国際ロマンス詐欺は投資詐欺を仕掛けてくることがあります。投資詐欺は出会い系内でロマンス詐欺以外の詐欺でもあるので投資話しだけは絶対に乗らないようにしましょう。

投資は出会い系を始めとするネットはもちろんのこと、友人や親戚関係などリアルな繋がりの人もネズミ講の被害者であり加害者のような立場の人が悪気もなく勧めてくることがあります。相手に悪意が見えないので断りにくいかもしれませんが投資話しには絶対に乗らないようにしましょう。

投資において一般論ではありますが

  • 高利回り(銀行金利以上の利回り)案件は普通の人には回ってこない
  • 元本保証はありえない
  • あなただけ特別になんて絶対にない

のが常識です。

投資詐欺の被害額は甚大になりがちです。ニュースによるとではロマンス詐欺で数千万円詐欺られた例もあるようです。

くれぐれもおいしい話にはご注意を!

私の知り合いにネット経由で知り合った相手から投資詐欺に遭った女性がいます。被害額は100万円程度でしたが彼女にとっては大きな金額で、金銭的損失もさることながら被害にあったショックから憔悴しきっている様子は見ていられませんでした。

アダルト出会い系はエッチ相手を探す場所

当ブログの読者の方なら出会い系をエッチな目的に利用するのが主でしょうから、いつ会えるかもわからない海外在住の人にわざわざ接触しませんよね。たとえメールが送られてきてもプロフを見てスグには会えないと分かれば返信もしませんよね。

実はこれが国際ロマンス詐欺を未然に防ぐ最良の方法です。当初の「会えてエッチできる女性と出会う」という目的を忘れず会える可能性すらない人の相手をしないのが一番です!

日本在住の外国人ならなくはないかもしれません(と言いますか僕自身アメリカからの留学生(日米ミックス)と出会い系で知り合いエッチしたこともあります)が、それでもお金の話しをしてきたら以降相手をしないだけで対策になります。

出会い系サイトやマッチングアプリでは日本在住で会える前提の人とだけ絡むようにすれば少なくとも国際ロマンス詐欺の被害に会うことはまずありません。あなたの出会い系での目的を忘れず、たとえ魅力的な外国人からメッセージが来たとしても相手をしなければ大丈夫ですよ!

ただし出会い系やマッチングアプリにはロマンス詐欺以外にも

  • 援デリ業者
  • ボッタクリバーの集客
  • キャラ誘導
  • デート商法詐欺師

などの悪質利用者が紛れ込んでいるので注意してください。

これら悪質利用者についてはこちらで詳しく解説しています。

業者、CB、サクラ、詐欺師は似ているようで全然違う!見分け方と対策
マッチングアプリや出会い系にはサクラの他にもキャッシュバッカー(CB)、業者などあなたに損害をもたらす危険な存在が潜んでいます。この記事ではこれら危険な存在の見分け方とその対策を解説しています。加えて昨今急増しているロマンス詐欺やボッタクリ被害にも言及しています。
error: Content is protected !!