Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラブホテル代をワリカンにしたがる女の子が増えている?

前回のコラムは昔話だったので今回は現代のお話をしようかと思います。

皆さんは出会い系サイトで出会った女性とラブホテルを利用する時、ホテル代はどうしていますか?

  1. ホテル代は男が出すのが当たり前、だから全額出す
  2. 男性が出すの当然とは言わないが、基本自分で全額出す
  3. ワリカンにして欲しいが、言えないので自分で出す
  4. 女性も楽しんでいるのだから折半する
  5. 女性に全部出させる

他にも色々なパターンがあるかもしれませんが大まかにはこんなところでしょう。

僕の場合は2です。

出会い系サイトで知り合ったという経緯もありますし、昭和生まれなもので男性が出すもんだくらいに思っていたからです。

ところが…

社交辞令という様式美

ラブホテルを出たあとに

ホテル代半分出しましょうか?

と言ってきてくれる女性は昔からいました。

でも、これは

光博
光博

いや、いいですよ

とこちらが返せば

そうですか?ありがとうございます

となるパターンでした。

いわゆる社交辞令ですね。

全然出すつもりはないにせよ申し出てくれるのは嬉しいものですよね。特に学生さんのような若い人が言ってくれると関心さえしてしまいます。

「あ、そうですか?出してくれるんですね。ありがとう」

と出さなければならなくなる場合も無きにしもあらずなのでなおさらです。

ホテル代を折半にしたがる女性が増えた?

ところがここ2年くらいでしょうか、積極的にホテル代を折半してくれる女性が増えたような感じがするんですよね。

「半分出しますよ」

と、言ってるその手にはお金をすでに持っていて

「いや、いいですよ」

と、こちらが言っても引き下がらず、ちょっとしたお金の押し付け合いになるような事があります。

自動精算機が部屋にあるラブホテルならまだいいのですが、これがラブホテルの前だとかなりきついので、最近は二回断ってそれでも出してくれると言うのなら受け取ることにしています。

これも社交辞令で次は無かったというのであれば、僕の判断ミスなんですが、そんなことはなく次回も普通に会うことができホテル代をワリカンにしてくれます。

別の女の子の話なんですが、会ったその日の夜にスカイプで

今日はホテル代だしてもらっちゃって、すいませんでした

あー、良いって、気にしないでいいよ

次は私が出しますね

いやいや

と言う会話をした女の子は次の時本当に全額出してくれました。

この女の子は僕の歳の半分くらいの歳の大学生だったので、僕もかなり抵抗したのですが女の子の方も強硬で結局だしてもらっちゃいました。

こんなことが一度や二度ではなく、結構な頻度で起こるようになったので

光博
光博

もしや自分が相当お金に困っているように見えるのか?

と心配になったほどです。

思い切って聞いてみた

エッチし終わってベッドでくつろいでいる時に、メールでホテル代のことまで聞いてきた人だったことを思い出したので、思い切って聞いてみました。

そういえばさ、ホテル代のことまで心配してたけど、ホテル代出してくれって言ってくる人なんかいないでしょ?

いるよー

え!?そうなの?でもさ、僕くらいのおじさんだったら、さすがにいないんじゃない?

ううん、そんなことないよ。ホテル代だけじゃなくておもちゃ買ったお金のことまで言ってくる人もいるよ

えー、そんなことまで…、そういう人って多いの?

多いんじゃないかな、私お金ないからちゃんと確認しとかないとホントヤバイ

この女の子は22歳のフリーターでしたが、なんということでしょう。僕の知らないうちに時代はこのような変化を遂げてしまったのでしょうか?

突っ込んで聞いてみたのはこの女の子だけなので、なんともいえませんが僕の実感としてもワリカンにしたがる女性は増えているし、増えてきている背景にはワリカンにする男性が増えた結果女性にもそれが浸透してきているようです。

ホテル代をワリカンにする方法

こんなタイトルの記事を書けると良いのでしょうが、今のところ書けません。

学生さん同士、年が近い人同士なら僕にも理解できるのですが、女子大生とおじさんの間でワリカンを女性に申し出るという発想は正直なかったです。

なんにしてもコストがかからない方向に動いているので僕としても歓迎すべき事態です。

それに、会う前にワリカンを申し出るような男性でも出会い系で出会うことができるらしいというのが、わかったのは収穫でした。

ちなみに、「ノリ気がしない」とか「遠くて行くのが面倒だ」などの理由で催眠の依頼を断りたい時には「ホテル代を折半していただけると大変ありがたいです」と、メールに書き添えることにしています。

すると、8割位の確率でメールの返事が来なくなります。

なので現段階では事前にホテル代の話をするのは得策ではありません。

現代ホテル代事情とまではいきませんが、この記事では最近変化しているなと気づいたことを書いてみました。

光博
光博

最後に、見出しが詐欺っぽくなってしまった点をお詫びします。