2ショットチャットは今でも出会えるのか?現在の画像チャットの問題点を探る

今でも2ショットチャット(含画像チャット)で出会うことはできるの?

と聞かれたら答えは

YES.

ですが、butが付きます。

この記事では出会い系サイトの現状を分析し、今の出会い系サイトの問題点を考察してみようと思います。

この記事は2チャットの現状分析です。
2ショットチャットリンク集はこちらの記事に移動しました。
今でも出会えるおすすめ2ショットチャット8選

2ショット以外の出会いも取り入れて効率アップ
アダルト出会い系サイトランキング

2ショットチャットは下火になってから久しい

2ショットチャットは10年位前まではおすすめすることができましたが、今ではおすすめめできません。

それはなぜかと言うと…

2ショットチャットが斜陽になった原因

決定的だったのは、いわゆる「出会い系サイト規制法」の改正で、改正以降はチャットでほとんど出会うことはできなくなってしまいました。

2ショットチャットも出会い系サイト規制法で定められる異性紹介事業にあたるのではないかと施行前に話題になりました。異性紹介事業にあたるのであれば「利用者の年齢確認」(出会い系サイトのように身分証の画像による認証かクレジットカードによる年齢認証)が必要になります。加えて当該公安に届出も必要になります。

2ショットチャットは個人が運営しているサイトがほとんどだったので、公安への届け出や年齢確認作業はかなりの負担になります。

その負担に耐えられないという判断から、当時人気があった2ショットチャットは自ら閉鎖してしまったところが多かったのです。

施行後、届出もして年齢認証を実装した2ショットチャットもありましたが、年齢認証により気軽に利用できる雰囲気ではなくなってしまい利用者を減らしたサイトもかなりありました。

男性は年齢確認をしてでも利用するのですが、女性は身分証画像を送ってまで利用する人は少なかったためと思われます。

光博
光博

2ショットも出会い系も女性がいなければやっていけませんからね。

出会い系サイト規制法制定前の様子については
出会い系サイト規制法とその改正

2ショットチャットの現状

昔の2ショットチャットは利用者も多く、午後10時~午前2時のゴールデンタイムには部屋を確保するのも大変なくらい混み合っていました。

女性もそこそこ集まっていたので、部屋を確保して待機していると長くとも30分も待っていれば入室があったものです。

しかし、現在ではゴールデンタイムでも部屋を簡単に取れるほど男性利用者が減っています。

男性利用者が少なくなってしまった原因は待機しても女性が入室してこないからです。

待機していても女性の入室がない

男性利用者が減り男性が常連ばかり

同じ人しか待機していないので女性が減る

男性利用者が減る

このような悪循環で利用者が減っていったと思われます。

最終的にはサイト自体が閑散としてしまい誰も寄り付かなくなってしまったチャットもかなりありました。

今でもたまに2ショットチャットで待機してみるのですが、Googleで「2ショットチャット」で検索して上位に出てくるようなサイトで過去の実績から入室率の多いメッセージを出していてもほとんど入室はありません。Googleの上位サイトと言うのは、男性も女性も集まっているだろうサイトです。そこで3時間待機して一人も入室がないと言うのでは、効率が悪すぎますよね。

2ショットチャット利用者はどこへ行ったのか?

かつての利用者、もしくは本来2ショットチャットを利用していた層はどこへ消えてしまったのでしょうか?

スカイプ、カカオなどの音声通話ができるアプリの普及とともにスカイプ掲示板(スカイプちゃんねる等)などの通話アプリのIDを交換する目的の掲示板にシフトした人。

スマホの普及率が高まるに連れてチャットアプリに移行した人。

僕のように出会い系サイト(出会いアプリを含む)へ移動した人も多かったでしょう。

現状の2ショットチャットサイトはシステムが10年前とほとんど同じで何ら進歩していません。

ここ10年でネット利用者は増えましたが増えたのはスマホを介してのネット利用者で、若い人などはパソコンを持っいない人も多くパソコンの利用者は逆に減っています。

スマホ対応の2ショットチャットサイトもありますが、チャットが出来るだけでシステムは古いままです。これでは通話ができるスカイプ掲示板やすぐにチャット相手が探せるチャットアプリや出会いに特化した出会い系サイトに敵うはずがありませんよね。

チャットサイト問題点は使い勝手が悪いこと

これは昔も今もあまり変わらないのですが2ショットチャットは面倒な点がいくつかあります。

一定時間発言がないと部屋が閉じられてしまう

時間が経つと勝手に部屋が閉じられてしまう2ショットチャットは多いですよね。一定時間と言うのは10分から30分が設定されています。

昔であれば30分も待っていればたいてい入室があったので気にはならなかったのですが、今となっては気づいた時には部屋がなくなっていた!となりがちで不便です。

他の人が新しい部屋を作ると自分の部屋の順位が下がる

これも、なかなか面倒です。女性利用者が減っているなかで女性の入室を促すにはなるべく目立つ位置に自分の部屋を確保し続けなければなりません。

そのため上位を維持するには、10分に一回程度部屋の取り直し作業が必要になります。

1つのチャットだけなら面倒も少ないのですが、3つも4つもサイトを掛け持ちしているとかなり面倒です。

チャットの内容が他人に公開されてしまう

全ての2ショットチャットサイトではないのですが、フリールーム(年齢確認をしなくても作れる部屋)ではチャットの内容を他人が閲覧可能になっているサイトがあります。

これは、出会い系サイト規制法をすり抜けるためだと思われるのですが「チャット内容が公開されているので異性紹介事業ではない!」と言い張っているようです。

実際のところこれで法をすり抜けられているのかはわかりませんが、利用する側としてはLINE IDや電話番号などの連絡先交換は誰が見ているかわからない状態ではしたくありませんよね。

他人のチャット内容を覗き見する人はそれほど多くないと思いますが、LINE ID交換やメアド交換はやりにくく女性は特に避けると思われます。

パソコンやスマホを常に見ている必要がある

2ショットチャットでは入室があると音やメールでなどの通知で知らせてくれるサイトが多いのですが、その音やメールを逃すと致命的です。

女性は入室してから1分以内にこちらの発言がないと出て行ってしまうからです。

なので常にパソコンのそばにいるかスマホの通知音を聞き逃さないように細心の注意をはらい続けなければなりません。

これも昔なら短時間で入室があったので1人や2人取り逃がしてもあまり問題ではなかったのですが、今は入室が減っている中で逃してしまうことになるので大問題です。

2ショットチャットはネカマ率が異常

先ほどから、2ショットチャットは女性の入室はほとんどないと言っていますが、実際には今でも入室は結構あります。

しかし入室してくるのは8割以上がネカマです。

チャットは文字だけのやり取りなので性別を偽りやすく、チャットには昔からネカマはたくさんいました。(そのため、各人がネカマ判別法を持っていたりしたものです。)

昔はネカマがいたとしても本物の女性利用者も多かったので、ネカマに気をつけながら利用すればちゃんと女性と出会うことができました。

昔はネカマがいても出会うことができたので2ショットチャットを利用する価値は十分あったのですが、それが今ではネカマしかいないという感じさえして女の子と出会うこともほぼ不可能になっているので利用価値はなくなったも同じです。

ニコ生やツイキャスで晒される危険性

チャットでのやり取りやの様子、チャットからスカイプに移行させた後の通話音声やビデオ通話の映像をニコ生やツイキャスのような生配信ができるサイト上で公開している輩がいます。

気になる方は試しに、YouTubeなどの動画サイトで「ニコ生 釣り」で検索してみてください。

ご覧になればおわかりいただけますが、男性配信者はボイスチェンジャーを使って声を変えるなどかなり悪質です。ボイスチェンジャーなら声がおかしいので大抵の場合わかるのですが、本物の女性が釣り配信をしていることもあって面倒です。

最近ではボイスチェンジャーの品質がかなり上がってしまい、音声での判別がかなり難しいネカマも増えてきています。(2019年7月15日追記)

話した個人情報や見せた画像、ビデオ通話の映像まで全て晒さらすという悪質ぶりです。

そんなの見る人いるの?とお思いになるかもしれませんがこのような配信は「釣り配信」と呼ばれ人を集められる面白いことをする能力がない配信者が簡単に人を集める手段としてよくやっていて、しかもなぜか結構な数の視聴者がいます。

個人情報を晒すような行為は配信サイトの運営が禁止してるのでは?と思われるかもしれませんが現状ニコ生でもツイキャスでも野放し状態です。

効率の悪さも問題

昔から効率面で言ったらそれほど良いものではありませんでしが、利用者が減ってしまっている現在ではさらに効率は悪くなっています。

暇つぶしに入室してくる

これは昔も今も変わらないのですが、2ショットチャットの女性利用者の大半はただの暇つぶしが目的で、リアルな出会いを求めていない人の割合が高い傾向にあります。

このような人でもメアド交換をしたりして長いこと話せばリアルな出会いに繋がることもありますが、これはあまりにも非効率です。

なぜか遠方の人が入室してくる

通常、2ショットチャットの待機メッセージで「群馬県南部」など地名を書いておくと、リアルな出会いを希望しているという意思表示になります。

それを無視しているのか読んでいないのかわかりませんが、「岐阜県南部」と書いてあるのに青森の女性が入室してきたりします。

光博
光博

遠くの人だと判明したのがチャットを始めてから30分後だったりしたら目もあてられませんよね。

地域ごとにチャットルームがわけられているようなチャットでも、「関東」で待機していても「九州」在住の女性が入ってきたりします。

相手の女性がどこの人なのかは話してみないとわからないのでは、リアルな出会いにつなげたいのなら非効率ですよね。

初回のチャットでメルアドやLINE交換までする必要がある

2ショットチャットは今日入室してくれた女性が後日入室してくれる可能性はほぼありません。

つまり2ショットチャットでは初回のチャットでメアドかLINEを交換しておかないと出会うことはほぼ不可能なのです。

初回チャットでメアド、LINE交換をするのは初心者の方には難しく、かなりのテクニックが必要でこれも効率面に影響があります。

2ショットチャットの現状まとめ

今でも2ショットチャットサイトはありますし、男性の利用者は減ったと言ってもそれなりにいます。

しかし、この記事に書いたように効率は昔に比べて著しく落ちています

それでも2ショットチャットで出会いたいという方は試しにやってみるのも良いいですが、あまりの入室率の低さ、ネカマの多さにがっかりなさるでしょう。

試してみる際は以下の注意点を参考にするといくらか安全性が高まるのでぜひご一読ください。

2ショットチャットを利用する際の注意点

  • URLだけ書き残して出て行ってしまう人がいますが、絶対に残されたURLは踏まないでください(フィッシング詐欺サイトのURLです)
  • メールアドレスだけ書き残している場合もメールを送ってはいけません
  • チャットしているうちに他の出会い系サイトなどに誘導してきたらキャラ誘導なので強制退室させてください。
  • メアド、LINE IDをこちらが聞く前に教えてくれる女性は十分に怪しんでください。LINEを乗っ取られる危険性があります
  • スマホのチャットアプリがありますが、2ショットチャットサイト以上に注意を払う必要があります。といいますか、アプリは有料の場合はサクラ、無料の場合は援デリ、キャラ誘導ばかりです。
  • 釣り配信を警戒して写メや個人情報は簡単に出さないようにしましょう

新しいツールが出現すると今まで使えていたものが突然使えなくなることはよくあります。

特にネットの世界では流れが早いので仕方がないといえば仕方がないのですが、2ショットチャットではたくさんの女性と出会いおいしい思いもさせてもらったので2ショットチャットの現状は寂しくもありますが、時代の流れなので仕方のないことですね。

 当ブログおすすめの出会えるアプリ

ワクワクメール
ワクワクロゴ
初心者の方にもおすすめの出会いアプリ
新本人確認システムセルフィー認証導入で女性人気が上昇中。男性にとっても業者排除が容易になり、今年僕が最も注目している出会いアプリです。
 会員数会員数830万人
 女子大生や20代女性会員が多い
ハッピーメール
国内最大級の出会いプリ
国内最大規模を誇る出会い系ハッピーメールのアプリ版。会員数が多いから女子大生から人妻熟女まで幅広く出会うことが可能です。
会員数2,000万人
 女子大生~熟女人妻までOK
イククル
イククル1300万人ロゴ
格安出会いアプリ
3千円以上のポイント購入でポイントが二倍になるキャンペーンを実施中(※webサイトからポイント購入する必要があります)、同じことをしても他の出会い系の実質半分の金額で済みます。アプリから掲示板や日記も利用できます。
会員数1,300万人
 メール送信実質25円
デジカフェ2ショットチャット